別荘族用に、イタリアンレストラン「ジョイア・ミーア」でパンを焼いていたのが始まりで、2000年にオープンしました。予約が売上の4割を占めます。那須高原は、おいしい水や小麦粉をはじめ、果実や乳製品など、食材の宝庫。安全、安心、無添加をモットーに、これらの食材を駆使して笠原シェフが創り出すパンやスウィーツたちは、全てオリジナルで遊び心満載。数々のメディアやパンフェスで名をはせたいちごのパン”契約農家のとちおとめ”とオレンジのバケット”パーネ・アランチャ”は必食です。

【おすすめパン】

「契約農家のとちおとめ」

笠原シェフが構想に2年を費やした、水を一切使わずとちおとめ果汁だけで仕上げた渾身のパン。JALファーストクラス、大丸百貨店販売などその知名度は全国レベル。中にもとちおとめの果肉入り。

「パーネ・アランチャ」

上にのってるオレンジコンフィ、中のオレンジクリーム、全て手作り。数々のメディアで紹介されたベル・フルールを代表するロングセラー!!

【パンのフェス限定パン】

「Premiumヤサキレーズンクグロフ(至極のレーズンバター添え)」

ヨーロッパにしか流通していなかった手間暇かけたウズベキスタン産ヤサキレーズンが遂に“日本初上陸!
「ヤサキ」とは陰干しの事。大粒でぶどうの甘味が濃縮されています。
ゴールドレーズン、グリーンレーズンも加えたクグロフはまさにぶどうの宝石箱!